石川県PTA連合会の紹介

会長挨拶

石川県PTA連合会会長挨拶

 会員の皆様には、日頃より石川県PTA連合会の活動について、ご理解とご協力を頂き誠にありがとうございます。
 私は、令和元年度石川県PTA連合会会長に承認いただきました紙谷一成です。昨年度に引き続きいての会長となり一層、その責任の重さを感じています。
 昨年度は県P連の創立 70周年という記念すべき年でした。この特別な年に会長をさせて頂き、そして皆様方のご協力を得て、記念事業をはじめ諸活動を推進できたことを大変ありがたく、心より感謝申し上げます。

紙谷一成会長

 さて、70年にわたり活動してきた県P連ですが、その存在意義が毎年問われていると感じています。
私は、県P連の活動は、やはり会員に資する活動を県組織というスケールメリットを生かし、いかに会員の皆様に行きわたらせるかが、全てではないかと思っています。
 このような思いも込めて、承認いただきました「単P役員研修会」や「PTA研究大会」を充実した内容にしたいと考えています。また、各市町PTA連合会・協議会の会長でもある理事の方々と緊密な連携を図るとともに、協力もいただきながら事業を推進したいと考えています。
 最後に、県P連の71年目を「子どもたちのより良い成長を願い、大人自らが学び、行動する」ことを祈念いたしまして、あいさつとします。
どうぞよろしくお願いします。